格安スマホ 1000円以下

月額1,000円以下でつかえる格安スマホ

格安スマホの利用料金は年々どんどん下がってきています。極限まで安く抑えようとしたら月々のスマホ代はじつに1,000円以下に収まります。これはものすごい価格破壊です。

1,000円以下に抑えるコツは「データ専用SIM」を選ぶこと。どんなに安いMVNO事業者でも音声通話機能を付けてしまうと1,000円をオーバーしてしまうからです。

データ専用だと使いみちがないと思われるかもしれませんがそんなことはありません。たとえばスマホ2台持ちの方がもう1台を最低料金で維持するためだったり、タブレット端末にSIMを挿して利用するためだったりと使いみちは色々です。

DMMモバイル

格安スマホ事業者の中でもっとも安い料金体系なのが「DMMモバイル」です。データ容量もかなり細かく選べるので安く維持したい人にはおすすめできます。

  • ライト 440円
  • 1GB 480円
  • 2GB 770円
  • 3GB 850円

楽天モバイル

料金だけじゃなく端末の豊富さやプランの充実度にも定評のある楽天モバイルでも1,000円以下で2つのプランが選ぶことができます。

  • ベーシックプラン 525円
  • 3.1GBプラン 900円

IIJmio

一次業者として信頼のおけるIIJmioでも1,000円以下に利用料を抑えることができます。

  • 3GB ミニマムスタートプラン 900円

mineo

TVCMなどでもおなじみとなっているmineoでもかなり安く利用することができます。データ容量も最低500MBから選べるのでとても便利です。

  • 500MB 700円
  • 1GB 800円
  • 3GB 900円

格安スマホを提供する会社が数多く登場したことにより携帯電話料金がものすごい勢いで安くなってきました。なかにはここで紹介するような月々1,000円以下で使うことのできる格安スマホも登場するほどです。

これだけ安いと2台目のスマホとして維持することも簡単だと思います。もちろんメイン使いとしても過不足ありません。いままで高いスマホ代を支払っていたのがバカらしく感じるほど安いです。もし家計にしめるスマホ代の割合が多ければこの機会にMNP(乗り換え)してみるのもひとつだと思いますよ。